ライスミルクダイエット

ライスミスクダイエットをごぞんじですか?

ライスミルクは、牛乳も飲めない、豆乳も飲めない方のための第三のミルクとして最近注目されています。

なぜかというと、ダイエットや便秘解消に効果があるといわれているためです。

ライスミルクというからには、原料はライス・・・お米ですよね。言わずと知れた炭水化物です。水化物ででやせるということは不可解ではありますが、『太らない体をつくる!スーパーミルク健康法』を参考に少し掘り下げて見たいと思います。

ライスミスクは市販でも売られています。しかし、家で簡単に作ることも出来ます。作り方は家で炊いたご飯に水を入れてミキサーにかけるだけです。とても手軽ですね。
ricemilk
ライスミルクの原料は白米よりも玄米で作ったほうが、低GI値が低いので玄米で作るらいすみは血糖値の急上昇を抑えられるので、ダイエット効果が期待できるというものです。

ちなみに、GI値の比較をすると、白米は81で、玄米は55になるそうです。

GI値が高い食事をすると糖質を脂肪として蓄えようとします。これは血糖値が一気に上がって膵臓からインスリンが過剰に分泌するためです。

GI値が低い食事をすると血糖値はゆるやかに上昇するためにインスリンの過剰分泌はなくなるために、脂肪を蓄えにくくなります。

玄米ライスミルクが良いのはわかりましたが、果たして美味しいのでしょうか?玄米を食べたことのない人は、お店で玄米を出してくれるところで食事を一度でもした方がいいと思います。玄米の味を好まない方もいるので、試してみてもいいと思います。

玄米は白米に比べて、ビタミンBや食物繊維が豊富ですが、タンパク質と脂質が含まれていないので、栄養のバランスには気をつける必要があります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ