10代のダイエット

10代のダイエット

 

10代は成長期なので、
基本的にはダイエットしません。
待って、閉じないで(滝汗

 

 

簡単にポイントをまとめるので、
読んでみてください。

 

 

基本的に、10代の方は、
バランスよく、何でも食べればよいのです。

 

 

しかし、気を付けなくてはいけないことがあります。

 

 

その一点目は、

 

「清涼飲料水」のとりすぎ。

 

 

炭酸飲料を始めとする、
これらの飲料は、とても多くの糖分を含みます。

 

 

しかも、単糖類である
果糖ブドウ糖液糖が主成分。

 

 

 

飲みすぎると肥満の原因です。
さらに、度を越すと若くても、糖尿病の危険もあります。

 

 

最近は、中高年だけではなく、
少年少女が糖尿病になることもあるそうです。

 

 

糖尿病はほんとに気をつけないと、
しゃれにならない病気です。

 

 

糖尿病になると、合併症と言って、

 

いろんな、病気を引き寄せます。

 

 

そのひとつに、腎臓の機能が低くなってしまい、

 

人工透析のお世話になったりします。

 

 

 

 

話をダイエットに戻します。

 

 

 

10代の肥満の原因は、炭酸飲料ではないか?

 

私はそう思っています。

 

 

これを読んで、

 

私は、ゼロカロリーばかり飲んでるから、イイモン。

 

 

と、聞こえてきそうですが、

 

アスパムテールなどの甘味料は、カロリー面での不安はありませんが、

 

違った意味で、怖い食品です。

 

今回この話はほかに譲りますが、アスパムテールをはじめとする、

 

甘味料は極力摂らないでください。

 

 

 

 

二点目に注意すること。

 

 

ファーストフードは、ほどほどにして下さい。

 

 

10代は最長期ですから、基本、何を食べてもいいのですが、

 

ファーストフードの食べすぎは危険です。

 

 

 

何が、危険か?

 

 

ファーストフードは、味が濃い。

 

 

こればっかり食べてると、

 

まともな味覚が育ちません。

 

 

 

原材料や、どこで作って、どういう調理をしたか?

 

なんて、分らないものを食べているのです。

 

・・・調べると分ると思いますが、
そんなことをする人はいないでしょう。

 

 

 

一番いいのは、普通の素材を、普通に料理して食べる。

 

 

今の社会で、それが難しいのが、嘆かわしいところです。

 

 

 

 

有名な話ですが、

 

食べ物で、「性格」が決まります。

 

 

もって生まれた才能や性格はあるでしょうが、

 

食べ物によって、性格が変わってしまうのです。

 

 

 

炭酸飲料とファーストフードで育つと、
(コンビニ食もかな)

 

キレやすく、凶暴な性格になります。

 

 

暴れて、問題ばかり起こしている子の食生活を

 

調べてみると、一日の食事が、

 

炭酸飲料とファーストフードとコンビニ食。

 

だったそうです。

 

 

 

その子達に、普通のお母さんが作るような食事を

 

1ヶ月食べさせたら、

 

凶暴さは消えて、普通の子供に戻ったそうです。

 

 

食べ物は、精神にも影響するのですね。

 

 

 

長くなってしまいました。

 

 

 

まとめると、

10代のダイエットは、

 

 

炭酸飲料と、ファーストフードを極力減らす。

これを実践してください。

 

 

 

今読んでいて、炭酸飲料と、ファーストフードを

 

そんなに食べてないと言う方は、

 

20代のダイエットの記事を参考にして下さい。

 

 

10代のダイエット関連ページ

20代のダイエット
20代は生活に変化が多く、ダイエットするにも大変な時期です。逆にこの時期に痩せやすい体質に導くことで一生の宝を手に入れてください。
30代のダイエット
30代になって太りやすくなったと言う悩みを多く聞きます。その原因は基礎代謝の低下や、 ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、さまざまな原因が考えられます。あわてずに、しっかりとした対策を考えていきましょう。
40代のダイエット
頼まないのに、おなか周りにじわじわとついてくる脂肪。この脂肪を燃焼して、スッキリとしたウエストを取り戻しましょう。
50代のダイエット
50代の女性は大きな体の変化が訪れる時、しっかりと体調管理をしながら、美しいボディーをキープしていきましょう。