50代のダイエット

50代のダイエット

大人気のチアシード
ホワイトチアシード

 

 

50代の女性には大きな体の変化である閉経が訪れる時です、しっかりと体調管理をしながら、美しいボディーをキープしていきましょう。閉経は平均51歳。早い人では40代の前半の方もいます。

 

月経がある間は、皮下脂肪が増えてきますが、閉経後には皮下脂肪が増えず、その代わりに内臓脂肪がつきやすくなります。これは、出産の役割から解放されることで、女性ホルモンが低下するためです。

 

閉経時期には、ホルモンバランスが崩れがちになり、あのやっかいな更年期障害がきてしまいます。
この年代になると内臓脂肪がつきやすくなり、閉経後の女性は1年で約0.5キログラムずつ太っていくといわれています。50代こそ、基礎代謝を上げていくなどの体質改善をして、太りにくい体に変えていきましょう!

 

体質改善には、サプリメントの利用が簡単便利です。
50代の冷え性・体質改善に人気
酵素ダイエットサポートサプリ『こうじ酵素』

50代のダイエット方法

もちろん個人差はありますが、中には閉経後急速に肥満が進む人などもおり、
これに生活習慣病である糖尿病などが加わると、非常ににやっかいなことになりかねません。
あまり肥満が進んでいない時期からダイエットを心がけるという事が、重要なことになってきます。

 

ダイエットのキモは食事です。
考え方としては通常のダイエットも閉経後のダイエットも同じで、消費されるカロリーよりも食事でたまるカロリーが低いようなメニューを工夫するということになります。
とはいっても長年続けてきた食事の内容を見直して、ダイエットに励むということは、想像以上に難しいことです。

 

まして糖尿病などがすでに持病としてある場合は、1日の摂取可能なエネルギーが600キロカロリー以内などといった、たいへんなダイエットを強いられることになります。
閉経後の肥満対策として、食事療法で行う場合の大きなポイントは、タンパク質やビタミン、ミネラルなど生きていくうえで必須とされるものについては、必要な分を確保するということです。体重が減っても健康が維持できなくなってはどうしようもありません。

 

その分脂質や糖質などの摂取は、徹底して断ち切らなければなりません。慣れるまではつらい日々が続きますが乗り越えていきましょう。
慣れてくれば体も軽くなってきて、快適になってきます。

50代のダイエット 運動

特に糖尿病などを持っている場合には、自分でカロリー計算をするのは難しいため、入院して様子をみる場合などもあります。
入院することで、どのような食事が許され、どこまでが限度であるのかなどを身をもって覚えることが大切です。

 

通常の場合は、運動することがかなり大切です。
女性の場合、閉経まで運動とは無縁だったという人は珍しくありません。
そのため50歳前後で急に運動が必要と言われても、体力がついてこないとあきらめてしまいがちです。

 

 

しかしダイエットが目的の運動というのは、一般的に想像するような、過激でハードなものではありません。
ダイエット効果を目指して行うスポーツの多くは有酸素運動と呼ばれるものです。
これはウォーキングやジョギング、水泳、自転車など、それほど体の負担がかからない運動を比較的長い時間続けるというものです。

 

 

これにより体内にたまった脂質や糖質を燃焼させます。
ただし有酸素運動の場合、10分程度で終わってしまっては、まったく意味がありません。
それというのも、有酸素運動を行って効率良く脂質などが燃焼をし始めるのは、運動を開始してから30分後くらいからだとされているからです。
無理をしないで、継続することが大切です。

 

 

酵素ドリンクダイエットランキング

 


「ベルタ酵素/BELTA酵素」

50代のダイエット関連ページ

10代のダイエット
10代に効果的なダイエットの方法は、特徴をつかみ実行することで見る見る結果を出すことができると思います。
20代のダイエット
20代は生活に変化が多く、ダイエットするにも大変な時期です。逆にこの時期に痩せやすい体質に導くことで一生の宝を手に入れてください。
30代のダイエット
30代になって太りやすくなったと言う悩みを多く聞きます。その原因は基礎代謝の低下や、 ストレス、ホルモンバランスの乱れなど、さまざまな原因が考えられます。あわてずに、しっかりとした対策を考えていきましょう。
40代のダイエット
頼まないのに、おなか周りにじわじわとついてくる脂肪。この脂肪を燃焼して、スッキリとしたウエストを取り戻しましょう。